組織をうまく動かすために|仕事のスキルアップを目標に医療事務講座を受けましょう

仕事のスキルアップを目標に医療事務講座を受けましょう

筆記用具

組織をうまく動かすために

男の人

アセスメントスキルとは

マネジメント資格として、アセスメントスキルというものがあります。アセスメントとは、そのものの価値などを評価するという意味があり、マネジメント資格として考える場合には、部下の能力を評価して、一人ひとりに合った対応をするという意味になります。部下を持つ立場の方は、部下の能力をどれだけ引き出すことができるかによって、そのチームや部署の成果が大きく変わります。アセスメントスキルを身につけるためには、第一に部下を観察することが重要です。ここで大切なことは、監視ではなく観察であり、部下一人ひとりの特徴を理解することです。それぞれに個性があり、得意な仕事と不得意な仕事があります。それを理解することが、アセスメントの第一歩です。

特徴を理解したら

部下の得意不得意を理解したら、面談を行います。部下は、監視されていることは嫌なものですが、しっかりと見てくれていると感じることは嬉しいものです。そのように、部下と共に成長しながらアセスメントスキルを身につけていきます。そのほかのマネジメント資格として、アカウンタビリティスキルというものがあります。こちらの指示を分かりやすく、具体的に伝えるためのものです。部下に同じ言葉を伝えても、全てを理解できる部下と半分も理解できない部下がいるものです。そういった差を埋めるためには、上司が能力を磨いて的確に伝えていく必要があります。それにより、組織として円滑に進むことができるので、上司のマネジメント資格が組織全体に大きな影響を与えることが分かります。