幼稚園で働くには|仕事のスキルアップを目標に医療事務講座を受けましょう

仕事のスキルアップを目標に医療事務講座を受けましょう

筆記用具

幼稚園で働くには

レディー

教職課程の履修が必要

幼稚園は、3歳から就学前の子どもを預かり、生活していく上で必要な様々な教育を施す場所となっています。その教育やしつけを行っているのが、幼稚園教諭です。幼稚園教諭になるには、大学、短期大学、専門学校などにおける、教職課程の科目を履修しなければなりません。そのため、幼稚園教諭の免許を取得したい場合は、特定の教育機関に数年間通学する必要があります。もし、社会人などの仕事を持っている人が幼稚園教諭の免許を取りたいと思ったら、大学に行くだけの時間的な余裕を作るのはとても大変なことです。そこで、免許を取るための別の方法として、保育士の免許を先に取得する方法があります。保育士は、大学に行っていなくても取れる資格で、現場で実務経験を積めば、幼稚園教諭の受験資格を持つことができるのです。

一種と二種の違い

幼稚園教諭には、一種と二種の免許があります。一種に関しては、大学を卒業して学士を持っている人や、保育士として実務経験を積んでいる人が持つことができます。一方で、二種に関しては高校を卒業している人や、一種として保育士の実務経験がある人に与えられます。学士を持っているか否かによって、一種免許を持てるかどうかが変わってきますので、受験時には注意が必要です。また、給料における待遇も多少異なってきます。一種の方が給料がやや高めの傾向がありますが、公立や私立、就職する幼稚園によって全く異なってきます。就職したい地域の幼稚園について、予め下調べしておくことも大切です。また最近は、幼稚園という型枠にとらわれない認定子ども園という存在が大きくなっています。幼稚園教諭だけでなく、保育士の免許を持つ人の需要も高まっています。両方の資格を持つことで、待遇も良くなったり、仕事にやりがいを感じる機会も増えてきます。